検索

DIKWモデルと日常業務

今更感もありますが、今回は情報工学では古くから提唱されている「DIKWモデル」と、我々コンサルタントの日常業務との関わり合いについて、皆さまにお役に立つであろう考え方をご紹介します。 「DIKWモデル(wikipediaでは「DIKW pyramid」として分類)」とは、情報工学の分野において「情報」を解釈するためのフレームワークであり、それぞれ「Data」、「Information」、「Knowledge」、「Wisdom」の頭文字を取ったものとして定義されています。 Data それ自体では意味を持たない数字、記号などのシンボル Information データを整理して意味づけしたものであり、4W(Who、What、Where、When)の答えとなり得るもの Knowledge 情報をまとめて体系化、構造化したものであり、Howの答えとなり得るもの Wisdom 知識を正しく認識して価値観やモラルに昇華させたものであり、Whyの答えとなり得るもの 近頃はビックデータやIoT、統計などが大きく取り沙汰されていることもあり、耳・目にする機会も多いのではないでしょうか。 今回はこのDIKWモデルを、組織の階層に具体的に当てはめて考えてみた事例をご紹介します。 詳しくは「孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン(すばる舎)」に譲りますが、実際の組織階層にDIKWモデルの各レイヤーを当てはめてみると、各階層ごとに必要となる情報の種類が必然的に異なってくることが分かります。 出展:孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン(すばる舎) ここでは、「各組織階層ごとに必要となる情報

【大阪本社】

〒530-0047

大阪府大阪市北区西天満4-5-1

JUSTICE451 6F
TEL: 06-6832-4152

【東京事務所】

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町3-1-2

SRビル7階
TEL: 03-6268-9179

お問合せフォーム

  • White Facebook Icon

Copyright © Star Consulting co.,ltd 2016. All Rights Reserved